ITパスポートについて

テレビを見ていると、さまざまな資格に関するCMを見かけます。
中でも、通信教育などで資格取得のための勉強ができることをウリにしているものもあります。
あまりの手軽さに「そんなことで取れてしまって良いのか」という気がしなくもありませんが、人材不足を補う手段として、まずは興味を持ってもらえるというのはなかなか大きいような気もします。_

IT業界でも、割と最近資格の種類が増えました。
以前は、ITに足を踏み入れる際の第一歩となる資格として「基本情報技術者」、ついで応用~といった進め方をするのが普通でした。
しかし、数年前に「ITパスポート」という資格が生まれました。
先ほど挙げた資格と同じく、その名前の身近さの割に国家資格であったりするのです。

おそらくは皆さんのイメージ通り、今まで最も簡単とされながらも、それなりに難しかった「基本情報技術者」の試験よりも難易度は簡単な、文字通りIT業界に踏み込むにあたっての「パスポート」という位置づけの資格となっています。
当然範囲はIT関係なのですが、分野としてなぜか経営学が入っていたり、どちらかといったらITよりの社会一般教養と考えたほうがしっくりくるかもしれません。
ITのみを範囲としない分、敷居はそこまで高くないはずです。
この手の業界のお仕事にチャレンジしてみようと思った方は、一度この資格の参考書などを一通り勉強してみてからでも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です