IT革命を経た後

高度経済成長期を経て、今ではすっかり平成不況と言われて久しい現代社会。
昔であれば何をやるにしても「将来有望」だったのが、いつの間にやら現状維持に走らねばならない苦しい時代です。
近年では「アベノミクス」と呼ばれる政府の経済政策への期待からか、政策の柱を発表しただけで株価が上がるという、今までどれだけ期待されてなかったんだ、とついつい思ってしまうような状況も生まれています。
もしやこの不況を脱することができるのでは…?なんていう願望にも似た未来予測が各地で立てられはじめました。_

そんな訳で未来は明るい!と言いたい所ですが、かと言って期待や願望でなんとかなるものでもなく、依然として各業界は次の一手に頭を悩ませています。
そんな中でも、まだまだ成長が見込める、需要が期待できる業界があることにも留意すべきでしょう。

真っ先に思いつくのがITです。
IT革命、などと謳われたのも今は昔、いまだにITってのは無いんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この「どこにITが有っても当たり前」な時代だからこそ、ITというのは伸びしろが有るのです。
一昔前ならワードやエクセルが使いこなせることが一定のステータスと成りえましたが、今ではそんなもの当たり前にある程度は使えるべきものとなりました。

一方で、高度化が進んだIT技術の最先端では、およそ一般人の理解を越えた複雑怪奇な情報システムが毎日動き続け、また更なる利便性を求めて進化し続けているのです。そう、ITは今や私たちの社会に根付いているなくてはならない存在となったのです。IT業界で働くエンジニアたちは自分の居場所をしっかり確保するために、日々努力と技術の習得を重ねます。しかし、過酷な労働によりウツ病になってしまったり、体調を崩してしまうことも少なくないのです。

そんなエンジニアには、ぜひ家で閉じこもることなく在宅での仕事を始めてほしいなと思います。私の友人も元々企業エンジニアでしたが、自由な時間と体調管理のために在宅ワーカーとしての業務を選びました。JavaやPHPなどシステム開発に必要とされるプログラミングスキルがあると、在宅での案件もわりと豊富にあるようです。Java在宅の募集に関してはこちらをご覧ください。
せっかく一度習得したITのスキルを眠らせない方法は今時代多く存在しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です